IELTSとは

IELTSはInternational English Language Testing Systemの略で世界中で年間220万人が受験している世界で受験者数が一番多い英語運用能力試験です。

現時点でTOEFLの方が日本ではメジャーではありますが、そのTOEFLは年間100万人が受験している試験であることを考えればいかにIELTSが世界中で支持されているかということが分かります。

IELTSは以下の4技能の試験から構成されています。

  • リスニング
  • リーディング
  • ライティング
  • スピーキング

世界の教育機関からも高い支持を得ているように、IELTSは非常に質の高い英語試験で、塚本がIELTSにこだわるのも、これからの日本の英語教育にとって軸となるべき試験だと感じるからです。

例えば、TOEFLであればパソコンで口述試験を行うこととなりますが、IELTSのスピーキング試験は面接官と一対一で行われます。

実際あなたが英語を話す機会を考えてみると分かりますが、パソコンに話しかけることは日常的にほぼないことでしょう。しかもパソコンからはリアクションがありません。

コミュニケーションするために英語を話すのであってそれは相互的なもので、一方通行ではありません。

IELTSの面接試験では、あなたの話した内容に対して面接官が話を展開する道筋を作ってくれるのでいかにコミュニケーションすることが大切かを学ぶことができるのです。

TOEFLからIELTSに切り替えする方が日本国内でも増えてきていることも事実で、IELTSを受験して海外へ行くことを目指している皆さんにとってはIELTSを通して、その先に繋がっていく英語運用力を習得していただけます。

テストの種類

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの 2種類があります。

いずれも、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのテストで構成されており、リーディングとライティングに関し ては、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールでは試験問題が異なります。

どちらのモジュールを受験する必要があるかは受験お申し込み前に出願先へ確認しましょう。

アカデミック・モジュール

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。

イギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院では、アカデミック・モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。

一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看護師や医師登録申請をする方は、このアカデミック・モジュールでの結果が必要です。

ジェネラル・トレーニング・モジュール

英語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験することが一般的です。

テストの形式と評価

セクション 試験時間 問題数 特徴
Listening 30分 4 セクション(40 問)
1,日常会話(2人)
2,日常生活についての説明(1人)
3,大学での会話(2-4人)
4,大学での講義(1人)
-様々なアクセントが使われている(イギリス・オーストラリアが主)
-実質の問題時間(30分)に加えて解答用紙に書き込む時間(10分)が与えられる
-選択問題と記述問題がある
-筆記問題では電話番号や人の名前を書き取る問題が出る
Reading 60分 3 パッセージ(40問) -選択問題と記述問題がある
-新聞や雑誌から出題される
Writing 60分 2問
Task1(150語)20分
グラフや図を描写する
Task2 (250語)40分
トピックについて意見を述べ
論証していく
-選択問題と記述問題がある
-新聞や雑誌から出題される
Speaking 15分程度 3 セクション
1,自己紹介など身近なことについて
2,スピーチ(1-2 分)
3,面接官との議論
-選択問題と記述問題がある
-新聞や雑誌から出題される

IELTSの評価方法

IELTS(アイエルツ)は正解数に応じて厳密に点数が出るのではなく、スコアに幅(スケール)をもたせたBANDスコアという方法で評価されます。
具体的には1.0~9.0の中で0.5刻みのバンドが用意されています。

IELTSのバンドレベル

9 Expert User ネイティブ同様完璧な言語能力
8 Very Good User 如何なる場面でも英語を問題なく使いこなせる
7 Good User 複雑な議論などが可能だか取り折不適切な表現が出る
6 Competent User 日常生活では問題なく使いこなせる
5 Modest User 英語で基本的なコミュニケーションが可能
4 Limited User コミュニケーションは可能だが複雑な表現が困難
3 Extremely Limited User コミュニケーションをスムーズに行なうことができない
2 Intermittent User 単語の羅列になってしまいコミュニケーションが困難
1 Non User 単語の羅列のみ可能
0 Didn’t attempt the test 判定不可

各種英語テストとのスコア換算

皆さんご存知の通りIELTS以外にも多くの英語力判定テストが存在します。ここではそれぞれのテストのスコア換算表をまとめています。是非参考にしてください。

IELTS TOEFL iBT TOEFL CBT TOEFL PBT TOEIC 英検
7.0 100 250 600 900 1級
6.5 88 230 570 800  
6.0 76 207 540 700  
5.5 68 190 520 650 準1級
5.0 61 173 500 600  

結果の有効期間

2年間

受験資格

16歳以上

申込み方法

インターネット及び郵送で申し込みができます。
インターネットで申し込みの場合は、日本英語検定協会サイトの「IELTSお申し込み」ページで、アカウントを取得した後、申し込みをすることができます。お申し込みの際は、試験の場所、試験のタイプ(アカデミック・モジュールかジェネラル・モジュール)、試験日を選びます。支払は、クレジットカード、郵便局ATM振込、コンビニエンスストア振込の3種類から選べます。予約は試験日の5週間前までに行わなくてはなりません。また、申込締切りは各試験日の5週間前の金曜日午後5時となっております。(ただし木曜日実施の試験に関しては、試験日5週間前の水曜日午後5時)

申し込みに必要なもの

IELTS受験にはパスポートの原本が必須です。

受験料

【日本での受験】
25,380円(2014年10月現在)
※ 受験料は国によって異なります。

日本での受験会場

札幌 仙台 東京 埼玉 横浜 松本 金沢 名古屋 京都 大阪 神戸 岡山 広島 高知 福岡

試験日程

各会場で月に1~2回開催(会場によっては年に数回の開催)されています。申し込み締切日は試験日より5週間前ですが、会場ごとに定員に達すると受付が締め切られます。スピーキングテストは筆記テストの前後1週間以内で設定される場合があります。

結果の通知

IELTS公式の成績証明書(Test Rreport Form)には、総合評価としてのオーバーオール・バンドスコアと各パートそれぞれのバンドスコアが試験結果として表示されます。IELTSのテスト結果は受験日から2~3週間後に郵送で通知されます。日本英語検定協会のウェブサイトで登録した場合、「IELTS試験結果閲覧」でスコアの確認ができます。